メンズ

憧れの美大を受験するコツ|プロへの道は険しい

美術大学に合格するには

授業

実技の配点率は高い

デザイナーや工芸家、絵画家など、視覚芸術の職業の方の出身大学は美術系の大学が多いと言われています。美術大学ではこれらの視覚芸術に特化した教育を行っています。指導者もその道で名の知れ渡った視覚芸術家が、教授や講師として教壇にたち、教鞭をとるので芸術力や想像力を構築するのに適した教育機関であると言えるのです。将来芸術家になりたいと目標を立てておられるのであれば、進路は美大や芸大を目指すのが望ましいのですが、合格するための受験対策でどのような取り組みを行うのかがポイントとなります。美大の合格判定は一般の大学と異なり基礎的学力と併せて実技試験も行います。実技試験は創造性や芸術力を判断する上で重要な受験科目です。美大では基礎学力よりも実技試験の点数配分は高くなる傾向になりますので、いくら学力があっても美大に合格できるとは限りません。美大に合格するためには学力だけでなく、あらかじめ実技を学んでおくことも大切です。また美大のランキングを知っておく必要があります。当然ながら美大にもランクがあります。国内最高峰と言われているのが国立の東京芸術大学でいわゆる美術系の東大といったところです。ランキングの上位校は受験者数も多く倍率も高いので、基礎学力が高いことは勿論、実技試験においても高い想像力と芸術力が求められます。自分がどのランクに位置しているのかを把握した上で、合格圏内に近い美大を受験することが大切です。国内には多くの美大がありますので受験生としては合格圏内にある学校を選ぶこと、もしくは目標とする学校への合格のために受験対策に取り組むことが大事なのです。

教師と女の子

学ぶ意欲を高めたい

子供を中学受験させたい時は、コンスタントに自習する癖を身につけてもらうことが大切です。そのためにも名古屋で入塾を考えてみましょう。塾を選ぶ際は宿題で睡眠時間を圧迫しない場所を探すことが大切です。子供が小さな頃は体力がありませんので注意しましょう。

学生

教育環境が抜群の学校です

教育改革が盛んに叫ばれている中、中高一貫校として有名なのが名古屋市にある名大附です。名大附はクラスが少ないためきちんと教育指導が出来ること、自由な環境であるため自分のリズムで学習が可能であること、悩み相談や情報交換も容易であることなどが選ばれるポイントとなっています。

男女

ワンストップで解決

大学生の一大イベントの一つと言えるのがゼミ合宿です。そのゼミ合宿用の宿泊施設探しに便利なのがゼミ合宿プランです。知りたい情報が網羅されており、ワンストップで解決する事が出来ます。なお、お得な送迎付きのプランなどもあるので、移動手段が限られている方も安心です。